2018年8月1日水曜日

グローバル時代のデータ利用と可視化

「グローバル時代のデータ利用と可視化」と題して
日本学術会議の公開シンポジウムが開催されます。

事前登録は不要です。

日時:2018年10月15日(月) 13:30-17:00
場所:日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)

ポスター

2018年2月13日火曜日

第6回CODHセミナーの開催

第6回CODHセミナーを開催します!

異分野間の古文書データの共有と統合解析をテーマとして
下記のセミナーを開催します。ぜひ、ご参加ください。

歴史ビッグデータ
〜過去の記録の統合解析に向けた古文書データ化の挑戦〜
http://codh.rois.ac.jp/seminar/historical-big-data-20180312/

日時      2018年3月12日(月) 13:30-18:00(13:00開場)
会場      国立情報学研究所 1208/1210会議室
参加登録    参加費は無料、定員は約80名です。

*事前登録をお願いします*

講演者
北本朝展(CODH/NII)「歴史ビッグデータと歴史的状況記録」
加納靖之(京大)「みんなで翻刻と古地震研究」
吉川聡(奈文研)「古文書調査と自然現象」
佐藤大介(東北大)「古文書の気象・災害記録をどう活かすか―仙台・宮城での史料保全をふまえて」
遠藤崇浩(大阪府大)「株井戸-気候復元を活用した地下水管理制度の研究―」
柴本昌彦(神戸大)「近世日本の中央市場と気候変動」
庄 建治朗(名工大)「古気候復元のための日記天気記録の定量化に向けて」
芳村 圭(東大)「ミレニアム大気再解析への挑戦〜古日記に記載された天気情報のデータ同化〜」

2017年9月2日土曜日

2018年連合大会セッションの日本地理学会の共催について

2018年連合大会のセッション提案募集が始まりました。
セッション提案締切は1012日(木)1700です.

提案の際に日本地理学会の共催を希望される場合には,
・提案セッション名
・セッション種別
・共催学会
・代表コンビーナー
・共同コンビーナー
・セッ ション概要(数行程度)を記して

922日(金)までに
交流委員長・松本( )もしくは、
学会事務局( )までメールにてお送り下さい。

9月23日の理事会での承認の後、学会プログラム委員より、
連合大会側に伝達いただきます。
 
皆様からの積極的なご提案をお願いいたします。


2017年6月19日月曜日

日本学術会議HD公開シンポジウム

73日開催の日本学術会議公開シンポジウム「地球環境変化研究の転換期における人間的側面研究の強化と推進に向けて」のポスターが学術会議のHPに掲載されました。


をご覧ください。一人でも多くの方に参加していただけるよう、周知を宜しくお願いいたします。

氷見山

[転載] IUGG Statement "The Earth’s climate and responsibilities of scientists and their governments to promote sustainable development"

 IUGG(国際測地学・地球物理学連合)がThe Earth's climate and responsibilities of scientists and their governments to promote sustainable development という声明を出しました。
 IGU役員会内部でも同様のアクションが必要ではないかという声が上がっています。

氷見山

Dear GeoUnions Colleagues:

Today, on 12 June 2017, IUGG has released the Statement "The Earths climate and responsibilities of scientists and their governments to promote sustainable development". IUGG is pleased to send the Statement to you and would appreciate if it becomes known among your scientific community.

Best wishes,


Alik Ismail-Zadeh

2017年6月14日水曜日

Call for session proposals: World Social Science Forum 2018, 25-28 September 2018, Fukuoka, Japan

IGUはこのような形でWSSF 2018 を支援しておりますので、お知りおきください。

氷見山

Dear Colleagues,
We are pleased to announce that a call for session proposals for the 2018 World Social Science Forum is now open.
The Forum will take place from 25-28 September 2018, in Fukuoka, Japan, on the theme of Security and Equality for Sustainable Futures.
We are pleased to invite proposals for parallel sessions under the following sub-themes of the Forum:
·         Sustainability and security
·         Cybersecurity
·         Human security
·         Security and the 2030 Agenda
·         Globalization, diversity, and cultures of belonging
·         Development and inclusion in urban and rural areas
·         Gender equality and security
·         Health, safety and biosecurity
·         Freedom, democracy and security
Key dates:
Submission Deadline: 1 September 2017
Selection: Proposals will be reviewed by the Scientific Programme Committee (SPC).
Outcome: Feedback on session proposals and notifications of acceptance will be sent out to all applicants no later than 30 November 2017.
An official call for papers will be released by the SPC at a later date.
More information on session formats, as well as on how to submit a session, can be found on the Forum website: www.wssf2018.org
We would be very grateful if you could share the news about the Forum and call for proposals with your networks.

We hope to see you in Fukuoka in September 2018! In the meantime, please do not hesitate to contact issc@worldsocialscience.org with any questions.


Best wishes from all at the ISSC

IGU-LUCC Commission のNewsletter

スロベニアからIGU-LUCC Commission Newsletter が届きました。


Newsletter no.19 には今夏ルーマニアで開催されるIGUテーマ会議につい
ての最新情報が掲載されており、先月ケベックで開催されたIGU役員会
で決定したばかりの若手参加者への助成についても書かれています。


船引先生におかれましては、連携機構HPへの転載をお願いいたします。


氷見山